読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴんぼけ日記

頭のもやもやを言語化する練習

Kindle使って読書を習慣化した話。すき間時間って侮れない。

その他 考えごと

f:id:pinboke:20160217211803j:plain

Amazonの勢いが止まらないこの頃。ブログをさまよっていると、Kindleを上手く使っている方々をよく目にします。

honeshabri.hatenablog.com

kindle評価の中でも上位に入る良記事です。実体験と定量的なデータから説得力がすごい。

今回ぼくは、既にある程度読書が習慣化されている人ではなく、読書が習慣じゃない人を対象にkindleをおすすめします。

つまり「全く読まない人にとってkindleは読書を習慣化させるのに優れたツールだよ」っていうことを言いたいんです。

ぼくの購入理由 

本なんて読まなくても困らんだろう→結果:めっちゃ困ってる

ぼくは読書が苦手でした。でも大学に入ってから社会勉強の機会が多くて、自分の常識やら教養のなさにかなりショックを受けて・・・

ぼくは典型的に読書しない人間なので(大学の教科書以外はほとんど活字読まないレベル)教養がない原因は読書かなと思ったんですよね。

それで、そろそろ真面目に読むくせ付けないとまずいかもしれない・・と焦って読書を習慣化しようと色々試し始めました。

 

すきま時間のスマホ

皆さんはちょっとしたすきま時間、例えば電車の中とか何してますか?

周り見るとやっぱりスマホいじってる人多いですよね。私もちょっと前までスマホに依存していたので、暇な時間あればスマホゲームしたり、twitterしたりfacebookしたり・・

ぼくはtwitter依存症(笑)なのでよくスマホばっかりいじってるんですが、ふと「この時間もったいないなぁ」と思ったんですよ。

なんでSNSは読みたい!って思うのに本は読みにくいんだろうって。逆にSNSへの読みたい!っていう欲求を本に向ければ最強じゃないかって。

でもスマホ欲しい時に好きな情報が手に入るという点ではかなり有利で、これが読書のハードルになっている気がしていました。

本はやっぱり大きくて重たいので何冊も持ち歩けないけど、読みたい本なんて気分でコロンコロン変わるので、ここを克服できなきゃな~と。・・・そう考えているうちにkindleという便利なものがあることを知りました。

 

電子インクってなんぞ!?!?

正直、これが気になり過ぎて購入に至った感じがあります(笑)

kindleは液晶じゃなくて特殊な表示方式を採用していて、目が疲れにくいんですって。詳しい原理は以下のサイトが分かりやすいかと。

www.tabroid.jp

 

手に入れて数カ月、予想通りスマホ使う機会減った。

買う前の狙い通り上手く情報への欲求が読書に向かっている気がします。

「あぁ~暇だな~スマホゲームしよう」が

「あぁ~暇だな~本読もう」になって、

すきま時間の積み重ねで恐らく人生で一番本読んでます(笑)

上手くいった理由は、やっぱり大量の本を軽いkindle端末で持ち運べるということですね。その時の気分で好きなだけ本を変えれますから。なんなら、その場で買うこともできる。

そのほかにも電池がものすごく持つとか、本体が安いとか、amazonプライムに入っていたら毎月本が1冊無料で読めるとか、いいことばっかりだったりするんですが、多すぎるので割愛します。

 

デメリットは・・コンテンツの方がまだ十分とは言えないところですかね。たくさんkindle本出てるんですが、意外とカバーされていない本も多いです。

あと、ちょっと前に買ったkindle本のデータが、訳のわからないページに飛んでしまうというバグを含んでいて(恐らくぼくのkindleの型番だけに起こるバグ)まともに読めなかったんですが、カスタマーサービスの対応が良く、すぐにコンテンツ分返金してくれました。

 

こんな感じでメリットが盛りだくさんで、読書を習慣化させるのに便利なツールでもあるので、本を読まない人こそkindleで克服していただきたいですね。

 

おまけ(my kindle

f:id:pinboke:20160217213029j:plain

無印kindleにカバー付けて使用してます。このカバーにマグネットがついてないので、kindleの自動電源off機能は使えないですが、それ以外は質感もいいですし優秀です。

基本的にkindleのカバーやケースは高いですし、電源くらい自分で入れるからいいや~って思うので不満は全然ありません。

 

 

【Kindle カバー】 Nupro スリムカバー   ブラック

【Kindle カバー】 Nupro スリムカバー ブラック

 

ではでは

 

ぴんぼけ